For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

第6回 ツール・ド・長野 Tour de Nagano

第6回ツールド長野に参加してきました。
今回で3回目の参加でした。
今回は翌日が仕事だったので、全体の2/3くらいのところ?の大峰城5Aで離脱し、地附山経由でトレマンまで帰ってきました。
毎度のことですが、エイドが充実していて、補給食いらずで、ボランティアの方々にも非常にお世話になりました。
ありがとうございました。

記録
4時過ぎに起床し、長野東運動公園まで車で行き、トレマンへ。
6時すぎにゆるーくスタート。
すぐに先頭は見えなくなったが、道をよく知っているわけではないのでゆっくり走る。
途中、いろんなところからランナーが出てきて楽しかった。ロード区間はどこを走ってもいいので皆それぞれルートを試走して、ショートカットできる道を研究しているみたい。

井上山に登る途中で何人かパスし、やがてたかひ~さんに追いつく。
太郎山の登りまで一緒にいろいろはなししながら走った。
前方には、水沢さんがいるらしい。

1Aにつくと2分前に水沢さんは出たとのこと。
次の登山道の入口はどこだっけ状態だったので、後を追いかけることに。
少し走ると前方に水沢さんが見えた。
ちょうど登山道に入る直前に追いついた。


f0035460_21014826.jpg

奇妙山手前の登り。水沢さん。
f0035460_21020280.jpg

奇妙山山頂の水沢さん


そっから奇妙山まで一緒に登り、下りは先行させてもらった。
尼飾からの下りで転倒しそうになってリカバーの時に岩で左足を打った。
たんこぶみたいなのが出来た。
次のエイド2Aへの出口の直前で道を間違え、変なところからエイドに出てしまった。
しばらく補給していると水沢さんが来た。
ここで水沢さんに先行して出るが、自分は地図通りに走っていると長野ICくらいで前方に水沢さんを発見!
うーむ、やっぱこのレース?はロードのショートカットが重要だ。
そっから、茶臼山まで付かず離れずで到着。
山頂から3Aまで先行。
しかし3A直前がヤブの箇所があって、自分はここだけ心配で試走していたのだけれど、初めての人は迷うのでは?と思った。
水沢さんも試走していたとのことで、問題なく3Aに到着。
自分はこっから先行してもロードで抜かれると思い、姑息にも水沢さんについていくことに。
小市橋の手前にもショートカットがあるようで水沢さんを見失ったと思ったら大分離れてしまった。やがて富士の塔の手前で追いつき、共に山頂を踏んでから4Aへ。

この辺は雪が5cmくらい積もっていて日陰でもあり、寒かった。
ボランティアの方も相当寒かったのではないだろうか。

こっから旭山まで水沢さんとランデブー。
旭山からの下りのショートカットを教えてもらった。
かなり急だったけれど、相当距離が違いました。

f0035460_21021073.jpg

いつもの横断幕。どなたのでしょう?
いつもちょっとうれしい。


で、次のセクションまでのロードも妻科のショートカットを教えてもらった。
途中、自販機でドリンク補給。
自分は地附山までなので、あとちょいという感じであるが、さすがに疲れてきた。
ずっと水沢さんについてきたけれど、水沢さんは頼朝山でも葛山でも休まずスタスタ行ってしまい、ジリジリ離され始めた。
大峰手前のロードで前に見えなくなった。けれど大峰山5Aで再会。
ここがエイドとは知らんかった。

今回はここまで。
水沢さんを見送って自分はトレマンへ。
約90kmくらい?
フルだと130kmらしい。
明るいうちに下山し、トレマンに17時頃着。
食欲はあまりなかったけれど、カレーを頂きました。

f0035460_21021683.jpg
ところで水沢さんは、ホンマに強い。
淡々と走る。なんか邪念が見えない。
やはり、速いっていう表現より、強いっていう表現がトレイルランナーに対する最大の賛辞だよなと改めて思った。
犬のように後ろをついて失礼しました~


今回は、フルは走れなかったけれど、来年は是非走りたい。
コースはできれば、三頭山からの時計回りか、地附山からの反時計回りがよいなあ。

ではまた来年。










[PR]
by y-yamatn | 2015-12-07 22:27 | トレイルラン | Comments(0)