For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

小笠原父島のトレイルを走った


小笠原諸島父島に着いた翌日、島内のトレイルを走ってきました。

父島はいわゆるボニナイトを産することで有名な火山島です。
硫黄島と違って海と崖が接しており、崖は海底で溶岩が噴出した証拠でもある枕状溶岩が露出しています。
そしてところどころに小さな浜があります。
そしてそして、そういう浜の両岸の崖には海から死角となっているところにトーチカが必ずある!

標高300mを超す最高峰中央山もあり、起伏に富んでいる。
しかしながら、外来種防御や野生動植物保護の観点から、どこへでも誰でも入れる状況にはない。
今回は許可無く入れるトレイルのあるルートとロードをつなげて、最南端のジョンビーチと宿を往復するルートをとった。なので残念ながら島一周はできなかった。そもそも海岸沿いに一周するトレイルや道路があるわけでもない。

トレイルはウェザーステーションから宮之浜まで繋げられると良かったのですが、三日月山からのトレイル(25000地形図だとトレイルがあるんですが)が見つけられませんでした。

なので宿から宮之浜に向かう。
トレイルは大きく3つのセクションがあった。

1.宮之浜から長崎展望台まで
2.中央山の南東から扇浦まで
3.コペペ海岸から高山、ジョンビーチまで

これらをロードで繋ぎつつ、旭山、傘山、中央山、高山に登ったというかんじでしょうか。約35km。
※ウェザーステーションから三日月山から宮之浜につなげられればちょうど40kmくらいになるだろう。

ポラールのデータ

f0035460_10534317.jpg
f0035460_10534614.jpg


出発は小笠原ユースから。
朝食後すぐ出発。

7:40 宿出発 ロード
7:50 宮之浜 トレイルへ
8:10 釣浜 トレイル
8:30 電信山 トレイル
8:40 長崎展望台 旭山登山口までロード
8:50 ロードのトンネル出たとこの枕状溶岩の露頭
8:55 旭山登山口 トレイルへ
9:05 旭山山頂267m 途中アカコッコに会う
9:20 旭山南峰272m
9:35 電波望遠鏡 ロード
10:00 傘山山頂
10:10 JAXA ロード
10:25 中央山
10:30 扇浦へのトレイル入口
10:50 扇浜
11:00 コペペ海岸 トレイルへ
11:20 小港海岸 ジョンビーチへのトレイルへ
11:30 中山峠 
11:40 ブタ海岸
12:00 高山
12:20 円縁湾展望台
12:35 ジョンビーチ
元きた道を小港海岸まで戻り、ロードを宿まで戻りました。
距離35kmくらいでした。

宮之浜着
f0035460_12061781.jpg
宮之浜から長崎展望台までのトレイル。

f0035460_12070406.jpg

グリーンアノール(トカゲ)を港側から北側に移動させないよう経路を分断している。
f0035460_12101199.jpg
釣浜。向かいに兄島が見える。今は無人。勝手に上陸できない。昔は山羊が野生化していたようだけど、今は駆除されていると聞いた。
f0035460_12124140.jpg

釣浜から長崎展望台までのトレイル。レンガがトレイルに埋め込んである。
右手には二見の港が見える。途中、電信山くらいから浜に降りるトレイルもあった。
f0035460_12185238.jpg
f0035460_12210526.jpg
長崎展望台から長崎、ワシントンビーチを望む
f0035460_12213447.jpg
長崎展望台には皆、日の出を見に来るみたい。
旭山に向かう途中のロードから脇道を少し入ったところに小さな駐車場があり、そこから歩いてすぐ。

ボニナイト(無人岩)は父島の東海岸から南側に分布する。
下のリンクの地質図の緑色Mbです。
ボニナイトは古銅輝石や単斜エンスタタイト斑晶を持ちますが、斜長石を欠く火山岩で地表に広く露出するのは非常に珍しいらしい。
小笠原の地質図

この露頭は旭山手前の道路沿いの枕状溶岩なのでボニナイトではなさそう。
参考:枕状溶岩のできかた
f0035460_12230099.jpg
タコノキの果実?最初パイナップルかと思って興奮した。
f0035460_12230483.jpg
旭山まではロードからトレイルに入ってすぐ。見晴らしが良い。

f0035460_12474480.jpg
旭山山頂から二見港を望む。
f0035460_12493675.jpg

えーと、電波望遠鏡。日本の他の電波望遠鏡と共同で宇宙を観測しているらしい。
f0035460_12574226.jpg

時間がないと思って省略した初寝浦。
行けばよかった。
古銅輝石のうぐいす浜はここなのだった。
それにボニナイトの枕状溶岩も広く露出していたはず。

そして実はこの直前に夜明山って登れるのかな~と思い、トレイルがあったので入って行ったら、戦跡ガイドの板長さんに呼び止められ、そこから先はガイドがないと入れないし、ジャングルだよと言われ、引き返す。結局、最終日に板長さんにガイドをお願いした。
f0035460_12585579.jpg
傘山登山口。
f0035460_13002642.jpg

境浦に沈む貨物船濱江丸。
戦争中に米軍の魚雷攻撃で沈んだとのこと。
詳しく知りたい人は、この動画参照
昔はもっと海上に露出していて、戦跡ガイドの板長さんは
甲板上でバーベキューなどしたそうです。
f0035460_13010642.jpg
中央山山頂 319m
父島最高峰
f0035460_13041575.jpg
中央山山頂の戦跡。
砲台跡かと思ったが、板長さんによると探照灯の台らしい。
大砲だとこんな貧弱な作りだとすぐひっくり返るとのこと。
f0035460_13041869.jpg
中央山の南西のロード沿いの看板。
ここから扇浦へのトレイルに入る。
f0035460_13042785.jpg
扇浦で自販機で補給した後、ロードでコペペ海岸へ。
コペペ海岸から小港海岸まではトレイル。短くて急。
f0035460_13240598.jpg
枕状溶岩。
f0035460_13241115.jpg
いよいよジョンビーチへのトレイル。
山羊対策のためゲートがある。
小港海岸のトレイル入り口。ここの手前までは皆、バイクや自転車、バスで来ているみたい。

f0035460_13272502.jpg
小港海岸かな
f0035460_13272966.jpg
中山峠手前。風が気持ちいい。青が眩しくてサングラスが欲しかった。
f0035460_13275199.jpg
f0035460_13372649.jpg

たぶんブタ海岸
f0035460_13300656.jpg
船から上陸できそうな浜には必ず両側にトーチカがある。中央やや右
f0035460_13303781.jpg
高山についた。山頂にいた人に撮ってもらった。
後ろは翌日上陸した南島。石灰岩の島。
f0035460_13321547.jpg
高山からジョンビーチに向かう途中、南側の尾根伝いに先端まで行くと、千尋岩、いわゆるハートロックの西側に出る。写真の赤っぽい岩がハートロックの一部かな。
f0035460_13334335.jpg
翌日船の上から撮ったハートロック。赤い岩がハートに見える♡
f0035460_17305069.jpg
高山からジョンビーチに行く途中で山羊にあった。鳴いていたから鳴き返していたら道に出てきたw
f0035460_13331989.jpg
ジョンビーチ
ジョンビーチで同宿のS君に会いました。
f0035460_13342766.jpg
f0035460_13353004.jpg
ビーチは礫浜でサンゴ片がほとんど。
f0035460_13353958.jpg
f0035460_13355052.jpg
f0035460_13361044.jpg
ジョンビーチからは小港までトレイルを戻り、そこからは島の西側をロードで帰りました。途中、夜明山方面の道路に分岐する道を右に行き、トンネル手前の野瀬農園のコーヒー豆を予約して帰りました。
50g1000円(コーヒー5杯分くらいらしい)
f0035460_19155511.jpg





[PR]
by y-yamatn | 2015-02-21 19:38 | | Comments(0)