For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

第25回 日本山岳耐久レース(ハセツネ)リタイア記録

第25回山岳耐久レース(通称ハセツネ)に参加してきました。
3回目のリタイアになってしまいました。
第14回大会から参加しはじめて11回目のエントリー、8回完走。
これまでの結果は以下のとおり。

<過去の大会結果・記録>
          CP1    CP2   CP3   Goal
第14回大会 68位 3:29:41 6:54:40 9:45:58 11:14:08 記録
第15回大会 36位 2:52:14 5:41:23 8:12:32 9:41:00 記録
第16回大会 CP1リタイヤ   記録(10/18のDays)
第17回大会 23位 2:47:24 5:26:27 7:36:30 8:48:54 記録
第18回大会 09位 2:43:39 5:16:40 7:27:56 8:42:22 記録
第19回大会 10位 2:36:53 5:10:38 7:21:29 8:34:04 記録
第20回大会 11位 2:32:31 5:01:40 7:04:48 8:14:43 記録
第21回大会 14位 2:32:32 5:01:58 7:09:05 8:20:00 記録
第22回大会 鞘口峠でリタイア
第23回大会 会社行事で不参加
第24回大会  9位  2:34:31 5:04:14 7:17:55 8:32:56 記録
第25回大会    2:35   5:14  大ダワでリタイア  

ベストは第20回大会の8時間14分。
この時の記録を読むと、CP2についた時、水が余っていたこと、ほぼ一緒にCP2に入った丸山くんなんて補給なしでいいかなって言ってたくらいだったこと、御前山から大ダワへの下りなんかは、自衛隊の加藤さんと抜きつ抜かれつ攻めて下っていたこと、大岳山の下りも元気だったこと、そして胃腸トラブルなど皆無だったことなどを思い出し、いかに今年グロッキーになっていたかとちょっとショックを受けた。

天候のせいにするのは簡単だけど、気になるのはやはりここ数年ひどくなってきつつある胃腸のトラブルで、これまでウルトラマラソンなどでしかなかった症状が50kmくらいのレースでも起こるようになってきたこと。
去年初めてハセツネ(金比羅尾根上)で吐いてしまって、この距離で?!と驚いたが今年はなんと三頭山手前の避難小屋あたりで最初に吐いてしまったのだった。
そして月夜見後も水は身体は脱水しているはずなのに身体が水を欲しない。飲んでも吸収されずに胃に溜まっていく感覚。
そして大ダワへの下りで吐くのが止まらなくなった。。。



f0035460_20200284.jpg

f0035460_20190836.jpg

f0035460_20204266.jpg

f0035460_20193845.jpg
アフリカの砂漠にすむ陸ガメらしい。


【スタートからのメモ】
スタートしてから前に30人以上いる感じ。
今熊神社くらいで周りに、はらけんさん、加藤さん、おーつかさんたちがいた。
少し前に同じチームの丸山くんもいる。
汗がかなり出る。
シンさんも前後にいたような。
印象的だったのは今回20位ジャストだった中谷さん。
下りが半端ない。第一関門前後まで一緒に進んだので何度もあの下りを拝むことができた。

CP1はベストより3分遅れ、昨年より1分遅れ。
今年も30分ぎりできなかった。
でもCP1までの序盤はレースをつくる場面だから気にしない。
もちろん30分切れたらタイムから力をもらえるとは思うけれど。

CP1からCP2にかけてはガマンの時間帯。
力のあるランナーも今年の気象条件から調子を落としている人がたくさんいた。
三頭山までに10人近く抜いたか。
途中、同じ長野の琢也さんに追いつく。
トラブルがあったようで調子悪そうであった。
シンさんも前方の近くにいたが月夜見以降離されてしまった。

三頭山はいつもどおり4時間半くらいだったか。
いつもと違ったのはすでに吐き気がしていたこと。
避難小屋すぎたとこで少し吐いた。
いつもよりかなり早い。そして三頭山の下りで水が切れた。
それまでも積極的に水を取らず、節約してたのでショックだったが、下りだったしCP2まではなんとか減速しながらも到着できた。
5時間14分。
去年よりさらに10分遅れて、あああ、と思う。
一応、この歳でも毎年順位よりPBを第一目標にしている。
CP2には牧野さんや荒木さんの姿が。
シンさんや琢也さんは入れ替わりくらいで出たところだったと思う。
順位は13位、こっから頑張ればPBは無理でも昨年同様トップ10に入れるかも。
水を1.2Lもらって出発。
体は脱水しているのに、水を飲みたいと思えない。指先がややしびれる。
ジェルも受け付けない。現状は最悪。リタイアが頭をよぎり始める・・・

牧野さんより先行して出発するも御前山手前で抜かれる。
御前山って本当に遠いよね。暗いからかなあ。
本当に遠く感じる。
そして下り始めた大ダワへの道。
PBを出したときは、ここの下りを楽しんでいたようなあやふやな記憶。
空挺団の加藤さんと抜きつ抜かれつだったはず。
だが今回は下りで、もはや体に吸収されず溜まった水が胃のなかでチャポンチャポン。
大ダワの下りの最後、牧野さんに追いついたが、直後に嘔吐。
繰り返し。

CP2手前からジェルもほとんど取れていなかったので、いつものパターンにハマる。
このまま進んだら体がどうなるか知っているので、大ダワで10分くらい立ち止まって悩んでリタイアした。
大ダワのテント内で1-2時間寝たかなあ。
その間にあと2人リタイアの方が来られた。
もっと長く待たないといけないと思っていたが、意外にもすぐゴール地点に送っていただけた。
でもめっちゃ飛ばす人で対向車が来たら終わりだな、とおもいつつ後部座席でグッタリしていた。

戻ると丸山くんがさっぱりした様子でゴール地点にいた。
どうやら彼もリタイア。
今年のチームエントリーのもう一人、大内さんに紹介いただいて、この日初めてあった清水さん。
先週松本マラソン走ったばかりで足を引っ張ったらごめんなさい、って言われてたのだけれど、彼のみが完走したw
申し訳ない・・・



皆言っているように今回は辛かった。
ほぼみなさんタイムを落としている。
でも、その中でも完走している人は完走している。。。
自分は、今回で3回目のリタイアとなってしまった。

いまもう一度やりなおしていいよと言われれば、迷わず水をプラス500mL持つかな。
そうすれば、去年と同じぐらいのタイムにはまとめられたかもしれない?
たらればはかっこ悪いけど。

レース中、直後はもうハセツネは勘弁、卒業でいいかなと思っていたが、SNSなんかで完走者の報告を読んでいると段々自分の不甲斐なさに腹が立ってきて、来年こそは!などと思い始めている。
本当におめでたいな自分。もうバカでよかったわ。



f0035460_20205650.jpg
死んでる?
f0035460_20202599.jpg
アッパーの弱さは気にならなかった。
クマザサなど固くて鋭い切り口があるコースだとズタズタになりそう。
滑るかと言われれば滑りますが、タイムには影響しない程度。


起床 3:00
出発 3:40
到着 7:00

タイムスが到着時待ちの列ができてた。
小学校前で荷物をデポ、車は橋の手前右の臨時駐車場へ。
2000円。
小学校は7時に開けてくれた。
携帯のために壁際コンセントを確保。
充電しなかったけど。

装備:ザックTNF TR6、ヘッドランプ頭と腰、シューズadizero boston2 boost、
ドリンク:グリコのなんとかのやつ。もう少し濃くすれば良かった。気温25度以上は2.5L持つべき。
ジェル:ボトルに3つ、AVSS2つ、メダリストのジェル5つ(2つ余る)

腰のライトいまいちやった。
ウルトラスパイアのやつがメッチャ気になるけど高い!!!

f0035460_20222976.jpg
f0035460_20230072.jpg
f0035460_20290189.jpg
こっからだったんだが・・・
f0035460_20233191.jpg
ちくしょう。






[PR]
by y-yamatn | 2017-10-13 12:48 | レース | Comments(0)