For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

Kobo trail 2017 (弘法トレイル)

念願の弘法トレイル K to K 行ってきました。
このレースは実家のある川上村を通るコースであり、ずっと出たいと思っていました。
定員が100名程度なので、あっというまに埋まってしまい、今年も気がつけばキャンセル待ちに。
でも結局、キャンセルがでて出場できるようになりました。

コースは吉野山を出発し、大峰山の奥駆道を四寸岩山、大天井岳まで行き、そこから西に高野山までの約55km。
弘法大師が1200年前に吉野山から発見したという高野山。ちょっと信じられない。
吉野山から熊野に抜ける奥駆はイメージできるけれど、西に向かって高野山まで行くルートはちょっとイメージできない。
弘法大師はよくもまあ、あんな道を分け入っていったもんだと大天井岳から西の山域を眺めるとそう思ってしまうのです。

レースのスタートは吉野山の蔵王堂から。
前日は夕座勤行と結団式を蔵王堂にて行った。
朝6時にまったりとスタート。

A1まではWingさんと話ながら進む。
Wingさんは足が抜ける症状があって調子が悪いそうで、先行させてもらう。
後続はない感じ。

四寸岩山まではずっと登り。山頂から東に降りれば川上村の我が故郷。
この日はまっすぐ進む。
大天井岳直前の登りは正月に帰ったらよく走るところ。
数年前に山頂に弘法トレイルの看板を見つけて驚いたのだった。
山頂からは西に。
ここからは馴染みのない山域。
転がるように進む。
このレースはエイドは前部で4ヶ所あるけど、A1からA2が20kmくらいあって厳しい。水は1Lちょっとあったけど、少し不安だった。しかし途中で私設エイド?があって助かった。

A2を過ぎてしばらくロード。暑い。
A2が30km地点くらいで半分を越えたな~と思えたのだけれど、こっからがひたすら長かった。距離感がなかったからなのだけど、A3を越えてから、どこまで走っても走ってもA4に着かない。このころから恒例の吐き気と痺れが。
脱水ということは分かっているので水を少しずつ飲むのだがこれまた恒例で身体に吸収されず、お腹にたまってタプンタプンに。こっからはいつもと同じなので略。

ようやく林道に出る。疲れてまともに走れず。
A4で7時間15分だったのでキロ6分で走れば8時間切れそう。
今回の目標はサブ8だったのでちょっとほっとする。
A4でエイドのみなさんに励ましてもらい、元気をもらう。
最後下りだし気張ってゴールへ。

ゴールは金剛峯寺だと思って、入口を入って賽銭を投げるがスタッフがいない。
ひょっとして金剛峯寺はゴール地点ではないのか・・・しかしKtoKだよなあ・・・
キョロキョロしていると、周りでいた人がレースのゴールはもっと向こうのはずだよと教えてくれた。入口に向かって戻っているとスタッフと合流。
無事、ゴール地点の壇上伽藍へ。
階段を上がったところでゴールテープをスタッフが張ってくれ、それを越えて賽銭を投げて両手を合わせたところがゴール。
なかなか洒落た演出。

5分後から出走している鏑木さんに追いつかれずにトップでゴールできた。
久々のトレイルレース優勝!
エリートランナーは出走していないローカルレースだけれど、故郷の山を走れて優勝できたことがとても嬉しかった。

ゴール後、記者2人にいろいろ聞かれているうちに身体に痺れが回ってきた。
そのうち何度か嘔吐し、立つのもやっとの状態に。
しかしなんとか5:30からの表彰式には復活することができた。

今回は、直前に父が体調不良で入院し、手術を受けることになった。
こんな時にレースに出てる場合かな・・・という思いもあったのだけれど、結果的に出走してよかった。
翌日、病院に報告に行ったのだけど、意味が伝わってない感じだった。
昔の元気な父なら、驚いて喜んでくれたろうなと思って寂しい気持ちもあったけれど、また来年も出場して、今度は実家で報告できればと思った。

リザルト K to K 55km 7時間51分   総合優勝

Kobo trail 2017 レースリザルト

橋本新聞記事


f0035460_19580703.jpg
壇上伽藍のゴール地点。賽銭を投げてゴール。
f0035460_19581141.jpg
ゴール直前。
f0035460_19582062.jpg
優勝トロフィー。80cmくらい。持って帰るの苦労した。
f0035460_19583537.jpg
f0035460_19582717.jpg
読売新聞和歌山版
f0035460_19582320.jpg
橋本新聞






[PR]
by y-yamatn | 2017-05-23 21:33 | レース | Comments(0)