For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

第22回 星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 記録

今回が4回目の野辺山ウルトラ。
初参加のときはウルトラも初めてで、90km過ぎで嘔吐して死にそうになりフラフラで歩いてゴールして二度とでないと宣言したのですが、2回目になんとかリベンジを果たすと、表彰台に乗りたくなって、去年サブナインで奇跡的に表彰台へ。
今年はさらに頑張って8時間前半を狙って参加。
しかしそう甘くはなく、いつもどおりの潰れ方でリタイアとなりました。
これで去年の飛騨高山から2戦連続ゲロって潰れており、いろいろと試したのですが、どうにも打開策が見いだせないので、しばらくウルトラはいいかなと、そういう結論に達しました。
やはり自分は30~70kmくらいの距離を主戦場にしたいと思います。
この距離はもはやショート~ミドルディスタンスといった感じでしょうか。

さて来年は念願の地元レース Kobo trail に出ます!
いまからワクワクします。

出発前。朝焼けがキレイ。
f0035460_16142666.jpg

リザルト

さてレースですが、今回は最低でもサブ8:30と意気込んでおりましたので、去年のスプリットを参考に走りました。最近好調にPBを更新できていたので、普通に走ればPBは出せると思っていました。ただ今年は暑そうなので、それが少し心配でした。
毎年と違い、前後に選手が少なくて、単独で走る時間がほとんどに感じました。でも岩出さんとかざえ~さんと少し話したりしながら前半はリラックスして快調に走れました。

60km手前の折返しの大分手前で原さんに最初に出会うと思っていたのですが、快調に走る若そうなランナーが最初で少し後に原さんが見えました。このとき原さんの息遣いが結構激しく、辛そうでした。少し気になったのですが、その後リタイアされたのでしょうか。
折返しで人数を数えていたら自分は70kmをあわせて確か6人目でした。
順位はわからないのですが、これは燃料になりました。がんばろうと。
折り返して、後ろの選手を見ていると、ざえ~さん、岩出さん、五十嵐さんもすぐ後ろにいました。

それから、、、60kmくらいまでは去年のタイムを6-7分上回るタイムだったのですが、いつもどおりだんだん何も受付けなくなり(今回はガスモチン投入)、エイドに立ち寄っても水をかぶって水を少し口に入れて飴玉を1個口にいれて出発する感じになり(ゆっくり食べていけばいいじゃないかとよく言われるのですが食べられなくなるんです)、馬越峠の入口のエイドでは、吐きそう・・・と呟いたら子供たちに「えええ~」と避けられる始末でしたw
そしてその後の登りでガス欠で減速し始め、頑張ってエイドにたどり着きましたが、峠のエイドで水を飲んで吐いてしまいました。(途中、快調に登るざえ~さんに抜かれました。)
吐いた量はかなりの水分でしたので、後半50km以降無理に押し込んで飲んでいたものはほとんど吸収できていなかったんだと思います。胃が気持ち悪くなることはつまりこれ以上胃に何もいれるな、たぷんたぷんだ!というサインなのだと思います。
しばらく座って日陰で休んでいたのですが、こうなれば2-3時間経たないと水も飲めなくなるのは何度も経験しているのでリタイアしました。
なんか色々と取り組んでみて、それでもダメだったので結構サッパリと諦められました。

今回はシンプルボトルを腰に挿しておいたのですが、後半は暑くてエイド間が苦しかったので持って行っておいてよかったです。
ジェルなどを持っていましたが何も食べませんでした。エイドで十分です。

2016のスプリット

f0035460_16134238.jpg

2015のスプリット
f0035460_16161082.jpg
7:30 就寝 はやっ
1:00 起床
1:30 出発
3:30 小学校着
5:00 スタート

荷物まとめてスタート地点へシャトルバスで。
車には戻らず現地に荷物は置いといた。
混んでて体育館には預けず。
帰りはヘロヘロでシャトルバスで戻る。
車が暑くてチンチンになっていた。







[PR]
by y-yamatn | 2016-05-23 16:51 | レース | Comments(0)