For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

板橋Cityマラソン2014 記録

★ああ、やっと納品とフル終わった。どっちもなんかストレスだったのか今は開放感に浸っています。まあ、納品終わったといっても検査これからやし、フルも自己ベストは出なかったのですが・・・
 今回は努力量を上げてみたし、高負荷のトレーニングもそれなりにやってみたので自己ベストは出て欲しかった。まあ、また来年って、そういう歳でもないような気もするが。


★記録は以下に。

4:45 起床
5:40 自宅発
6:00 長野駅
8:00 会場
9:00 スタート

大宮から埼京線で浮間舟渡駅。公園を通って河川敷へ。
着替えて荷物預けてトイレ行ったら、もうスタートって感じ。

f0035460_19222758.jpg

スタート。
いけるとこまで3:40で行こうと思っていたが、3:45で固定。
途中でスポルティバのM岡さんに抜かれる。
いつもは10kmくらいで18分台から19分台になるが、今日は20kmまで18分台で進むことができた。それほど苦しくもない。

しかし、折り返すと向かい風で状況が一変。
これは去年のふかやほどではないが、かなり苦しい。
しばらく先頭を走っていたら、後ろに渋滞が出来てくる。
どうやら風よけにされている!キロ辺りのラップも一気に4分台オーバー!
これはやばい。

そのうち抜かれた人にぴったりついて、スリップストリーム(懐かしい)走法で力をためる。それでまた前にでるのだが、すぐに出力低下し、後ろに付かれ、、、というのを皆で繰り返し、まるで自転車競技のチームプレイのような感じで進む。
しかし、3分台のラップが出ない。でも4分ちょいぐらいで我慢我慢で進む。

やがてM岡さんに追いつき、前に出る。が、再び抜かれ、その後はついていけなかった。もはや自己ベストは諦めていたが、風のなかでもそれなりに我慢の走りが出来ていたのか、自己ベストらへんのゴールタイムになるのではないかと思い始める。しかし、いまいちスピードに乗らず、特に最後の数キロがグダグダになってしまった。
集団のなかで走れればよかったのだが、誰かに後ろに付いていたら、その人が風でどんどんペースダウンしてくるのが分かるんですよね。そうするとタイムが出ないんで、前に出て後ろに付かれ・・・を繰り返す。

普段、河川敷でトレーニングしているので、河川敷は嫌いではないし、走りやすくてタイムも出せそうなんですが、風がネックですね。これでも低気圧は過ぎた後で高気圧に覆われた快晴の日だったんですが。

そーいえば、40km地点くらいで、うさ吉さんが応援してくれていた。
久々にお会いしました。元気そうでした。奥さんがでてたのかな?

f0035460_19222230.jpg
ラップを見ると、20kまでは18分台で25kmまでが一気に20分くらいになっている。1分ぐらい遅くなったことになる。むしろ風で出力を上げているというのに!
ということで、まだ自己ベストは出せると思うに至った。今回も風に苦しめられたが、自己ベストから30秒くらい遅れただけだということで、懲りずにやります。まあ、そうでなくては!
f0035460_19191112.jpg
3:35-3:37-3:36-3:39-3:50-
3:47-3:35-3:44-3:46-3:44-
3:46-3:50-3:46-3:44-3:45-
3:48-3:45-3:49-3:46-3:48-
7:47-8-10-3:59-
4:01-4:03-4:03-4:00-4:07-
4:12-3:57-8:08-4:06-
4:06-4:13-8:05-12:36


★いよいよUTMFなんですが、4月に入れば毎週あっちに試走に行ってスケール感を掴みたいと思います。雪はまだ残ってるみたいですが・・・




[PR]
by y-yamatn | 2014-03-23 19:30 | レース | Comments(0)