For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

ツールド長野 2013

トレイルシーズンの終に恒例のツールド長野、昨年に引き続き参加しました(昨年レポ)。
初参加の去年は気合をいれて攻めて走ったものの、情けない結果に終わり、完走ならず。
今年は、来年のUTMFを想定して、スピードより完走重視で走りました。

今回、決めていたこと。
1.心拍を150以上にしない。
2.エイドでとにかく食べること。
3.特に登りは頑張らない。決して◯山君に付いて行かない!

神流以降、左足首と股関節の痛みもあって、スピードを上げようにも上げられない状態。特に左足首の状態が悪く、下りが走れない。なのでちょうどよかった。

自分は心拍を160以上にして走るレースでは、吐きっぽくなって食べ物を受け付けなくなる。なので100km以上のレースになると後半ガス欠になるリスクがある。
今年初参加した信越五岳では最後のエイドでなにも食べられず、ヨタヨタ歩くことになってしまった。多くのランナーが持っているこの課題、心拍を上げすぎて胃腸に行く血液量が少なくなってしまうことが原因、とどこかで読んだような気がする。ということは余り頑張りすぎず、ゆっくり走ってモリモリ食べれば、意外と最後までダメージなく走り通せるのではないか、そういうテストをしたかった。
エイドでは短くても10~20分滞在してまったりした。ボランティアの人とお話するのも楽しかった。ボランティアの方は半分くらいが面識のない方で、このいい天気の仲、長期間世話していただき、まったく、感謝しきりである。

で、結果としては、最後ガス欠にはならなかったけれど、やっぱりしんどいことには変りなかった。なかなか難しいですね。160kmっていうのは現時点では想像できない。100マイルなんて本当に走れるんだろうか・・・

食べ物を持っていったのですが、まったく必要ありませんでした。
飲み物はエイドで飲むもの以外にボトル500mlを持って行きましたが、山域によっては足りませんでした。自販機で飲み物を買いましたが、小銭を用意しておけばよいです。コンビニで食べ物を買うことはありませんでした。

しかし、最後の2つのエリアは苦しかった。。。


[PR]
by y-yamatn | 2013-12-01 11:25 | レース | Comments(0)