For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

ハセツネ2013 記録

ホッケさんと行ってきました。

第21回 日本山岳耐久レース 公式サイト

リザルト

今年はエントリー2800人、出走者2500人程度だったみたい。トレイルの大会としてはマンモス大会。

男子総合 14位 40代1位 No.4443
CP1 2:32:32
CP2 5:01:58
CP3 7:09:05
G   8:20:00

自己ベストならず・・・

f0035460_22130100.jpg

隊長の撮影の写真をいただきました。

4:00 dani家集合
7:00頃 五日市着 既に無料駐車場満車 橋をわたって左の駐車場へ(2000円)



小学校の体育館前に荷物を置き、駐車場へ。
今年はクーラーボックスにいろいろ詰めていったがほとんど食べず。
レース後はしょっぱいもの、お茶、おにぎり、サンドイッチなんかが欲しかった。


<レース>

スタート時は日射しが暑かったのでアームスリーブは外した。
前列5列目くらい。
スタート直後は前に30-40人くらい。
いつもより大分速く感じる。
汗をたらたら走る。

パックの中、登りはついていき、下りで抜くことを何回か繰り返し、なんとか20位以内に上げる。
去年より暑く、ドリンクの消費量が多い。

大塚さん、山室さんたちとのパックで進む。
浅間峠の直前でパックから抜けだして前に出る。18位。タイムは去年とまったく同じ2:32。
入山峠 43分、市道山手前分岐 1:19くらい?

そこから、清水さんに何処かで抜かれた。浅間峠に着く前だったかもしれない。
浅間峠を越えてから途中相馬さんと清水さんに追いつき抜く。
しかしその後相馬さんには再び追いつかれ抜かれる。
相馬さんに話しかけられ少し話しする。このスピードで走れれば、8時間いけますよ、と。
確かに。キープできれば可能性はあるのだが、それが難しい。

f0035460_17261216.jpg


その後、三頭山までの間に何人かパスする。
あの、金髪の外人さんも抜く。
No water で vomit したと言ってた。エイドまで何kmか聞かれた。
ちょっと気の毒だった。

三頭山直前の避難小屋の辺りで足がつり始める。
ヤバイと思って、ハイドレの水をたくさん飲んだらハイドレが空になってしまった。
このまま足が攣りっぱなしだとヤバイなと思ったら転倒。
しかし、その後攣りは和らいだ。

月夜見に行く途中、前にランナーが。
それはなんとダコタ兄さんだった。
道端に座り込んでいた。
その後、月夜見でリタイヤと聞いた。
自分もそうだったが、去年よりは暑くて水の消費量が増えた。
去年は水が月夜見で余っていたが今回は全然足らなかった。
多分、水不足で消耗して減速したランナーは多かったろうと思う。

月夜見が近づくと前にランナーが見えた。
月夜見のCP2によるとそれは大瀬さんだった。
ちょっと疲れているようで、エイドでパスした。
エイドではポカリをもらった。
CP1とCP2のタイムは去年とほとんど同じだった。


御前山に向かって疲れが出始め、足が進まない。
それでも足を進ませればゴールは近づくと思い、ダラダラ進む。
御前山直前でトレラン王国のカメラマンが。カメラマンを見ると、なんとハンダさんだった。
ビックリした。この映像はDVDとして出るみたい。楽しみ。
その後の御前山でもかなりアツい応援があった。
若者たちの応援に感じたので、どこかの大学の山岳部かな~と思っていたら、むーちゃんたちだった。
アツい応援ありがとうございました!

さてここから大ダワへの下降は長かった。こんなに長かったっけ?
と何度も思う。急な岩場の下りもあり、足が再度攣らないようにポカリを注入しつつ進む。
大ダワを過ぎて大岳山に向かって進む。ここの登りでランナーに追いつかれる。自分の知らない人。
抜かしてもらおうかと思ったが、ぎりぎりで山頂に着いたのでそのまま、下降に入る。下りで少し離した気がしたが、水場で給水して出発したら後ろからライトが2つ。
CP3は去年より5分程度遅れてしまった。どこで遅れたのか分からないが今年は一人旅の部分が多かったのも原因だと思う。

CP3を通過してすぐ、追走者にかわされる。大瀬さんだった。
どうやら復活したようだ。さすがに強い人。

さらに日の出山から下り、金比羅尾根に入ってからも抜かれた。
このかたは大岳山手前で一旦追いつかれた人だった。

その後は少し吐き気があってジェルを受け付けなくなってきていたのでガス欠が心配だったのと、ライトが暗くなり始めていたが、特に大崩れなくゴールへ。なんとか20分を切りたいと思って最後頑張ったが、なんと20分ジャストでゴール。昨年より6分ぐらい遅れてしまったが、これは暑さの影響だと思うことにする。
来年は、10分をぜひ切りたい。サブ8はかなり難しいと感じるがコンディションが合えば10分切りは可能だと思う。
 
 ゴール後はいつもならすぐ豚汁が食べられるのだが、今年はかなり消耗しておりとても食べられる状況ではなかった。お茶は飲めた。足をアイシングしながら横になって、明け方になってやっと食欲が戻ってきた。足の爪は大丈夫だった。この他、右手の薬指の先端を打撲したくらいで特に怪我はなかった。



<装備>
mana7 wide
MHWノースリーブ
マーチンウイング
ライト 頭BDストーム、ハンドライト 

<携行食>
デキストリン 230mlボトル×2 (デキストリン20杯、ポカリ粉末、メダリスト) 約1500kcal
ショッツ1つ
アミノバイタルパーフェクトエネルギー(AVPE) 180kcal × 2本
ハニープラス 1本 48kcal
ドリンク2L  ポカリにデキストリンのジェルを50ml程度まぜた
        月夜見 1.3Lポカリ、残りはその場で飲んだ


f0035460_2033737.jpg

ホッケさんゴール直後。
f0035460_2041462.jpg

男女ハセツネカップ
f0035460_2043085.jpg

男子総合1~3位
f0035460_2045940.jpg

男子総合4~6位
f0035460_2051148.jpg

女子総合1~3位
f0035460_2052674.jpg

おっさんの部1~3位
3位の外人さんはモンチュラの社長だったっけ・・・
元クロカンの選手だったっけ・・・
写真はNature sceneの大塚さんにいただきました。
f0035460_2054014.jpg

[PR]
Commented by GAKU at 2013-10-14 22:13 x
daniさんスゴイ。さすがです。レポ熱かったです。
ハセツネ、やはり気候と水ですね。外人さん達はその辺りで苦戦したんですかね。面白い!
Commented by 塔ノ岳 at 2013-10-15 06:14 x
いつも凄いです
応援させて頂いてます
いつも安定感抜群で使用シューズはMANA7ワイドは私と同じ靴です
これからも安定感王者としてご活躍を応援させて頂きます
大変に素晴らしい結果で
私も嬉しくなりました!!
山の記事もいつも楽しんでいます
快速登山は爽快です
暑くて大変な中での好結果は素晴らしいです
Commented by y-yamatn at 2013-10-15 06:28
>GAKU様 ありがとうございます。これだけ何回も走っていれば、気候が一番タイムを左右する要素かもしれません。海外の選手はエイドが充実しているレースしか走ったことがないでしょうから、こういうレースはタクティクスに困るでしょうね。
Commented by y-yamatn at 2013-10-15 06:32
>塔ノ岳様
ありがとうございます。
mana7は金比羅の下りで足裏がちょっと痛く感じたくらいで爪への影響はまったくなく、CP2出だしのつるつるエリアもまったく問題有りませんでした。なかなか優秀なシューズです!
来年もPB目指して頑張ります!
by y-yamatn | 2013-10-14 19:31 | レース | Comments(4)