For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

黒姫トレイルランニングレース 2013

金曜の夜に翌日の仕事がなくなり、急遽参加できることになった。
黒姫トレイルランニングレース

ロング13km 男子リザルト


かなり前にDNSが決まっていたので、まったく準備せずコースも知らないまま現地入りすることになった。

長野駅でハンダさんを拾って現地へ。ちょうどぎりぎりで受付し、ゼッケン付けて並んだら、すぐスタート。


11:40 長野駅発
12:25 現地着
13:00 スタート

 距離が短いのでスタート直後から速い。
 ついていけない。どんどん先頭グループが遠のいていく。
 前にすでに20人くらいいる。これについていくと潰れちゃうかも、と思ってしまう。
 HR160では歯がたたない。

 コースが頭に入っていなかったが、スタート前にみていた地図と違う気がした。逆回りになったんだろうか。
 スキー場回りをぐるぐる走ったあと、林道を行くと思っていたが、薄のぼりのトレイルを延々と走る。
 何人か抜くが、薄のぼりを走るのは苦しい。
 確か7kmでエイドがあったはずだがなかなかつかない。
 ※古い地図をみていたようだ。

 やがてやっとエイドか?と思った頃に、送電線下の巨大な壁が現れて悲鳴をあげる。
 あちこちから奇声が上がっていて笑えた。

 壁を超えるとエイドがあり、チップスターとコーラをかきこみ、ボトルに水を入れて出発。
 ここから林道の長い下りに。一人抜くが一人に抜かれる。

 林道の下りで足が終わったが、林道を下りきると黒姫スキー場についてここでショートのコースと合流する。
 誰がロングの選手かサッパリわからなかったが、何人か抜いた気がする。しかし、後ろから40代に見える人に抜かれる。追いすがるが下りで抜き返すも登りで抜き返される。これを何度となく繰り返す。
 ゴールが近づいてきて最後の下りで再度抜き返すが、ゴール手前が薄のぼり・・・
 後ろに付かれ、ゴール手前50mで無残に抜き返されてしまった・・・

 20kmのショートレースということで心拍勝負なのだが、トップから30分くらい離されるなんて、なんというレースだろう。なかなかおっさんには厳しい。
 ※リザルト見たらトップは1時間53分だった。14分差。

 ところで石川さんプロデュースということで走れるコースであった。
 御巣鷹林道はただのダブルトラックで退屈だった。トレイル率は60%くらいなんだろうか。
 トレイルランというよりクロカンコース的であった。

f0035460_21531219.jpg
f0035460_215215100.jpg


ランシュー、ノースリーブ、ショーツ
500mlボトル、ゼリー2つ
[PR]
by y-yamatn | 2013-07-20 23:00 | レース | Comments(0)