For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

第20回 ハセツネ2012 記録 リザルトなど

来年のために記録

公式リザルト

自分はなんとか目標の8:30切りを達成できました。

総合11位 8時間14分43秒

CP1 13位 2:32:31
CP2 9位  5:01:40
CP3 11位 7:04:48
Goal 11位 8:14:43


○山君は昨年のタイムを1時間も縮めて8:19でゴール。
互いに引っ張り合いながら、走れました。いつもの試走みたいでしたw
レースでよく似たタイムを出せるなら、一緒に引っ張り合うトレーニングがトレイル上でできるので、これからも切磋琢磨ですね。

今年も年代別で優勝できました。
また、チーム「北澤ぶどう園」としてもチーム5位の入賞でした!


朝からずっと小雨で、確かお昼前に止んで曇り空でした。
気温も低く、CP2でもハイドレに700mlくらいは残っていました。
コンディションは良かったと思います。

f0035460_18453229.jpg

f0035460_1849107.jpg


前評判どおりダコタ・ジョーンズがコースレコードで優勝。
1週間前に50マイルを走ってから日本に来てコース下見を軽くやっただけでこのタイム。何度か走れば7時間を切ることができるのではないか。

それにしてもダコタさんがスピーチしている最中に「プア~~~」って号砲がなってスタートしたのだが、レース後、特に何もコメントなかったなあ。。。




<記録>
4:00 ○山くんに迎えに来てもらう。ホッケさんと三人で会場へ。
6:45頃 五日市着。タイムスは既にいっぱいで入口は待つ人で行列ができている。
7:15頃 五日市小学校体育館に陣取る
      ゴロゴロ
9:40頃 受付
13:00 スタート
21:15頃 ゴール

スタート~CP1
 グダグダのスタート。なんだかよくわからない状態でしたが、お祭りだからよいだろう。
 スタートのゴタゴタでストップウォッチを押し忘れた。
 お囃子のあるコーナーを左に曲がり、登りが続くころにダコタさんに抜かれた。
 コーナーのところでパンパンに膨らんだジェルフラスクが落っこちていたが、落とし主は大丈夫だったろうか。

 その後は心拍があがりすぎないように進む。
 ナオさん、紺野さんと一緒に進む。前方には○山君が見える。
 昨年のラップ2:36を更新するのは無理だと思っていたが、パックで頑張って進んだためか、2:32のラップが出て驚く。
 ○山君は、入山峠42分、市道山分岐1:18くらいだったらしい。

CP1~CP2
 ちょっとCP1まで頑張りすぎたのか、疲れ始める。
 途中で青いウェアの若い人とパックで進む。で、気がつくと数人のパックの先頭にいることに気づく。
 その後、清水さんが抜けだしたので、頑張ってついていく。
 避難小屋で韓国のシンさんが立ち止まっていた・・・何かトラブっている感じだった。リタイヤされたようだが、ハイドレのトラブルだったのかな・・・
 三頭山くらいからは、先頭に清水さん、自分、○山君ですすむ。ライトは三頭山を越える下りで点灯。山頂で4時間半くらいだったかな。
 鞘口峠までの下りで前を行く清水さんについていく。後ろから下りを観察しながら、この人は誰だろうと考えていた。実はこのとき清水さんだとは分かっていなかった。
 鞘口峠からの登りで清水さんをパスする。このときに清水さんですか?と聞いて、はい、という声を聞いてやっと分かった。なかなか夜でヘッドライトだと分かりづらい。
 こっから月夜見までは、後ろに清水さんがいることもあって、特に苦しかった。スピードがでない。へろへろで進む。月夜見までは○山君と仲良く走る。苦しい時間帯だが、時々話しながら走った。この時点でハイドレには700くらい残っているように感じたので、○山君に「給水してもらう?」って聞いたら、「一応します」とのこと。自分も給水することにする。去年は干からびていたことを思えば、如何に今回涼しかったのかが分かる。
 月夜見に着くと、700mlポカリをもらい、水をコップ2杯もらった。後ろから相馬さんと自衛隊の人がすぐに到着。あせって、空気を抜かずに走りだし、じゃぼじゃぼなって、イライラする。すぐに慣れたけれど。
 すぐに出たけど、すぐに相馬さんにかわされる。月夜見からの下りで一人かわして(倉田さんだったかも)、相馬さんを追うがスピードが全く違ってすぐに見えなくなる。

 その後、御前山付近では自衛隊の加藤さんと進む。抜きつ抜かれつで進むうち、後ろから渡辺さんと伊東さんが。○山君かと思っていたが違った。大岳山の下りで渡辺さん、伊東さんに抜かれる。下りにトレラン王国のカメラマンに追われるw 結構な速度で下っているつもりだったけど、撮影しながらついてくるのでスゴイなと思う。そして下りきって水場へ。渡辺さんが水浴びしていた。あ、渡辺さんと思った瞬間にコケルw
 手を洗って、水を少し飲んでから出発。少し行って、今回初オシッコ。
 3人さほど離れずCP3へ。

CP3~ゴールへ
 CP3で7時間5分くらいだったか。これでサブ8:30行けると確信する。下りで二人はどんどん遠ざかっていく。追う気もそがれたが、去年のラップは少なくとも短縮して、8時間10分台でゴールしたいと思い、頑張る。
 誰か抜けないかな~、抜いたら10位のはずだ~と思いながら走るが結局、抜きも抜かれもしなかった。
 金毘羅尾根は、やっぱ長い。まだかまだかと思いながら走って、ついにアスファルトへ。そしてゴール。予想外のいいタイムでほっとした。何度ゴールしても、やっぱいいですね。達成感が半端ない。
 タイムは20分短縮できた。近年は数分刻みにしかPB更新できてなかったので、一気に20分はうれしかった。

 自分としてはこれが限界に近いタイムじゃないかと思う。毎年思っているような気もするけれど。
 でも、サブ8の夢が見れるレベルには達しつつあるか?ちょっと欲張りすぎですね。



7時前で既にこの状況
f0035460_192616.jpg

混んできました。
f0035460_1922720.jpg

会場前のバナー
f0035460_1933188.jpg

受付会場
f0035460_192582.jpg


完走証
f0035460_1941759.jpg

ホッケさんゴール!
f0035460_191508.jpg

T中氏ゴール
f0035460_19112863.jpg

エヌダさんゴール。サブテン達成で女子総合3位!
f0035460_19162041.jpg

やまとうまさんゴール!
f0035460_19121375.jpg

男子総合
f0035460_2032832.jpg

40代男子
f0035460_20331829.jpg



ジェルはボトル2本、チューブ1本 すべて消費
AVPE 2本 消費
ハニープラス 2本 →1本食べず
パワージェル 1本 →食べず

量的には問題なかった。来年もこれでいいと思う。
ボトルは取り出しにくいので、来年はチューブ大2本がいいかな。
それから腰のライトはいらんかも。

f0035460_2265263.jpg

[PR]
Commented by Ho@静岡 at 2012-10-08 22:45 x
今年も年代別優勝おめでとうございます。それにしても大幅なタイム更新、すごいですね。自分も進化して、来年は五日市に乗りこみたいと思います。
Commented by ゴンゾー at 2012-10-08 23:10 x
年代優勝連覇達成!おめでとうございます。
私はネットで観戦してました。
月夜見では相馬さんと遭遇でしたね。やっぱり強すぎる40代です。
これからも頑張って下さいね。
Commented by エヌダ at 2012-10-09 00:04 x
お疲れさまでした~!スタートはハセツネにしてはオモシロ過ぎでしたね!北澤ブドウ園もまた入賞おめでとうございます!
出し切れるとスッキリしますね!私も毎回これが限界って思います。もちろん今回も(笑)
Commented by 塔ノ岳 at 2012-10-09 05:45 x
あれから、マナ7を購入しました

トレランシューズと変わらぬ制動力もあり、マナ6で相馬さんより前を行っていたなんて凄いです

少ない月間走行距離でも、これだけ結果を出せる底力が快感です

これからも黄金の40代にして下さい
Commented by y-yamatn at 2012-10-09 21:52
>Ho@静岡様
ありがとうございます。来年は参加されるのですね!是非会場で会いましょう!

>ゴンゾー様
ありがとうございます。相馬さんは調子悪そうでしたが、後半復活されました。抜かれた後はスゴイ速かったです!

>エヌダ様
あのスタートは何だったんですかね・・・でもまあ結果オーライということで。ところで今日は限界ってなんなのか、と思い耽っています。

>塔ノ岳様
シューズに求めるものがフリクションや軽さ、そしてコストパフォーマンスならランシューで決まりですね。足裏感覚もいいと思います。
黄金の40代ですか、、、黄金時代はグロリアス・サーティー、30代が普通かもしれませんが、年をとって黄金の40代だったと振り返られるように頑張ります!ありがとうございます!
Commented by ぺぺろんちーの at 2012-10-12 00:20 x
年代別優勝おめでとうございます!
脱帽です。

参考にしたいので教えて下さい。
最近私も、シューズはランシューに近いものにだんだんと変わってきているのですが、mana6でフリクションは充分に確保できるのでしょうか?
ドライなコンディションなら問題ないと思いますが、ちょっと湿った泥っぽい所でも脚運びでカバーできるもんでしょうか?
泥だったらイボイボ付いていようがなかろうが、変わらんわい!ってもんでしょうか?
やっぱり軽いものがいいですからねー。
Commented by y-yamatn at 2012-10-12 06:28
>ぺぺろんちーの様

どうも~。お元気ですか?
自分の意見を書きます。
フリクションは対象となる路面の種類とソールパターンによると思います。
通常の岩ならランシューは問題ないと思います。むしろ接地面積が多くて、フリクション高いような。ゴツゴツしたブロックパターンのソールはあまり好きではないです。
ただ濡れた木、珪藻とかコケのついたようなぬれた岩はすべります。これはどんな靴でも滑るかなw
自分が心配したのは、岩ではないけれど、柔らかくない泥の路面。ハセツネはそういうところ多いんです。例えばCP2を出た直後の急斜面。でもここも大丈夫でした。なので自分は問題ないとおもいます。ランシューはソールが薄いし、柔らかいので足裏感覚があるし、何より5000円以下で入手できるコスパが最大の魅力!
安いんで買って山で試してみてください!ダメなら普段のロードトレーニングに使えばよいしw
Commented by peperonci_no at 2012-10-14 20:02
ありがとうございます!
ある程度は行けますね。
確かにコスパ最強ですね。
いろいろあさってみようと思います!
by y-yamatn | 2012-10-08 19:36 | レース | Comments(8)