For the RUSH's blog トレイルランナーの記録

マウンテントレイル in 野沢温泉 記録

マウンテントレイル in 野沢温泉

コース

リザルト

リザルト男子総合



前日
 折角宿泊するのだから前日は早くはいって野沢の街をうろうろしたかったが、仕事が入ってしまって受付にも遅れてしまった。着いたのは5時前だったがまだ受付していて助かった。その後、少し遅れてアリーナでコース説明を受けた。自販機はOkだが、私設エイドはだめ、しかし2回よることができるスタート地点にはデポができるということで荷物は少なくて済みそうだ。
 6時からはパーチーがあって太鼓のセレモニーがあった。その後、宿へ。
 宿は、ウェルカム ブリック 内田屋でした。

当日
 4時半起床。5時に宿のお弁当をもらい、腹に詰め込む。
 それから6時ごろ宿を出て第3駐車場へ車を止め、シャトルバスでオリンピックスポーツパークへ。

 霧の中7時スタート。雨でも降ってくれるくらいの方が涼しくてよいのだが。スタート後は野沢の街の中へ。第一集団、第二集団の後ろくらいを走る。野沢の街の中はたくさん観光客がいて応援してくれた。何事だ~という表情の人も多くて楽しかった。
 やがてスタート地点にもどる途中で自分の前でミスコース。トップ集団全員?誘導員もいたが、誘導ミスか?たぶんミスコースした人たちは500mくらい余分に走っただろう。

 林道はすべて走ったが、HR150-160で管理した。抜かれることもあったがガマン。やがて登山道へ。ここもできるだけ抑えて、抜きたくてもガマンした。このへんは試走していたので距離感もあって落ち着いて走ることができた。
 毛無山をへて、最初のエイドへ。バナナに塩を付けて食べるとよいよ~と言われたが、え~といって試さなかった。
 風ごうろは試走のときは、走るとヤバイな~と思ったが、やはり本番はアドレナリンのせいか、結構走れたし、あぶない思いもしなかった。ここで3人抜いた。その後、スタート地点直前で数人抜いてエイドへ。エイドにはよらず、デポに行き、コーラを飲み(ウマイ)、ゼリー&スポーツドリンクを補給して再スタート。ちょっとゆっくりしてしまい、抜いた人にたくさん抜かれた。

 次はセクション2。早くも疲れてきている。ちょっと速度が落ちる。なんかセクション2は暗くてじめじめしていてやな感じだった。登り途中で四頭筋(膝頭の内側)が痙攣。脱水によるものか。こんなとこつったのは初めて。しばらくしゃがみこんで回復を待つ。脱水によるものかと思い、ハイドレの水をがぶ飲みすると水が尽きてしまった!ガーン。
 その後、ゆっくりとエイド地点まで走る。下りは長かったが、四頭筋がやられ始めているのでゆっくり走った。次のエイドの手前で、実力者のH澤さんが歩いていた。脱水だろうか。また、その直後にインサイドアウトのY室さんも疲れた様子で歩いていた。やはり暑さと脱水のせいだろうか。

 ハイドレの水が尽きており、しばらく飲んでなかったので、デポ地点でコーラをがぶ飲みした。念のため1.5L水を入れ、ゼリー2つとべスパを持って、コーラを飲みながら出発。これからも試走を一部やっているので距離感はある(これ重要)。出てすぐのロードにホースから水が出ていたので、しばらく水浴びをする。そして再スタート。林道およびスキー場を横断しながら峠に向かう。この辺が一番暑くて辛いと思っていたが、意外と水浴びポイントもあったからか大丈夫だった。水もたっぷりあるので、ちょこちょこ取りながら、林道もできるだけ走る。
 
 峠を越えて、別荘地に入るとインサイドアウトのUさんがストックを使って歩いていた。病み上がりのはずだからDNSだと思っていた。声をかけるとやはり馬力が出ないとのことでした。

 ここからスタカ湖手前のロード沿いの施設(スキー場のレストラン?)に水場があって、先行の2人が水浴びをしていた。S藤さんとO原さんでした。よく見つけたな~と思いつつ、自分も全身に水をぶっかけ、スタート。2人をパスする。スタカ湖を抜け林道を越え、スキー場への登りでM藤さんが前に見えてくる。追いつこうとするが、また四頭筋が攣り始めた。また、しばらくしゃがみこむ。それにしてもこれは何だろう。やっぱ発汗がはんぱなく、電解質異常だろうか。

 なので、やまびこ駅のエイドでは塩を食べ、きゅうりにもたっぷり塩をつけて食べた。これが、ウマイ。うまいのは体が欲しているからでやはり塩分が抜けていたのだろう。水も少し補給し、再びスタート。しばらくしてM藤さんに追いつき少し話する。去年ハセツネでもコース上で少し話していたのだった。スキー場に出て最後の登りでY本さんを抜き、ここからは完全に一人旅。下りはロードが長く、結構つらかった。また、最後の下りのトレイルも長く感じて足も痛くて、蒸し暑くてつらかった。でも今年の野辺山と比べたら、快適といえるだろう。

 やがて野沢の街に出る。もう相当疲れているし、午後2時台なので気温も高く、街中はへろへろになる。あと2km弱なのだが。最後のゴール地点への坂道は結構歩いてしまった。後ろを振り返りながら、ゆらゆら歩く。でも目標だった7時間台はなんとか出せそうだ。

 ゴール手前でうさ吉さん夫妻が迎えてくれる。もうダメダメだったが、ゴール直前だけ走る。

 とうとうゴール。知らぬ間に7位になっていた。上位者にも大分脱落者がでたのだろう。参加人数も少ないから、トップがゴールして1時間以上たっているのに7位・・・まあ、素直にうれしかったです。
 目標はトップから1時間以上差をつけられないことと、7時間台のゴールでした。前者は達成できず。

 コースディレクターのT中さんはトップは5時間45分くらいだと言っていたが、志賀のレースでも6時間近くかかっているのだから、トップは6時間台だろうと思っていた。だから自分は7時間台と予想したのだった。

 年代別で30代3位だったので、本日、表彰式で賞状、メダル、コシヒカリ10kgをいただいた。宿の人にもお米や野菜をいただいた。お米はちょうど買う時期だったのでうれしかった。

 ところで今回は年代別1位がすべてスントt3dでした!2位がサロモンのバックパック、3位がコシヒカリという感じでした。賞金といい、商品といいすごいですね。

f0035460_23431189.jpg


f0035460_23433690.jpg


f0035460_23435899.jpg


f0035460_23441726.jpg

[PR]
Commented by M浦です at 2010-07-19 21:00 x
野沢お疲れ様でした!脅威の記録ですね。私もいつかああなりたいです。(来世くらいで)
そうかぁ~上級者の方々もキツイはキツかったのですね…。自分は脚がない分、追い込み方が足りなかったかなと反省です。
…それと、あのきゅうりは塩を付けて食うもんだったんですね。当たり前か…
意識が薄れる中、なんで係員さん水の中にきゅうり浮かべてんだろ?とか思っちゃいました。次回食ってみます!
Commented by N田 at 2010-07-20 09:30 x
お疲れさまでした!
しかし、野辺山より快適ってどんなんですか???
私は確実に辛かったです。
やっぱり道が少しでも分かってると違いますかね。
順位は私も女子で同じくらいでした!(価値はかなり違いますが)
年代別3位、女子もコシヒカリ?出れば良かった残念。。。
バナナに塩はかなりイケましたよ!!今度やってみてくださ~い。
Commented by y-yamatn at 2010-07-20 22:59
>M浦様
お疲れさまでした!
きゅうりを塩につけて食べるのは子供のころのおやつ代わりでしたよ。いや~あんなにうまかったのは久しぶりでした。

>N田様
自分は野辺山でかなり苦しんだんですよね。ゲ○に血○など・・・
道は分かってると相当違いますよ。どこまで頑張れば楽になるとか、どこまではゆっくり行かねば、などなど。タイムにも大分影響すると思います。
ところで、年代別3位で呼ばれてましたよ。代理の方いますか?と言ってましたが、男の自分が出て行くのもなんなので黙って居りまいたが・・・たぶんコシヒカリとメダルと賞状が送られてきますよ。

なんといっても優勝者がいませんでしたから!
by y-yamatn | 2010-07-19 16:15 | レース | Comments(3)